意識の話

小さな嘘の積み重ね

 

我が家の4歳の次男は、嫌なことがあったらすぐに怒るし泣きます。

ストレート。

そこには加減もないし、もちろん駆け引きや計算、出し惜しみもない。

真っ直ぐだから、愛おしいと思うのでしょうね。

大人になると隠してばかり。
怒りたいのに、笑ってやり過ごす。
言いたいのに、気づいてないふりをする。
自分のことより相手の気持ちを考えましょう。
人に迷惑をかけないようにしましょう。

そうやって徐々に、本当の気持ちを自分の心の奥に押しやって、その姿勢が当たり前になり、自分に常に嘘をついていることに気づかなくなっていく。

でも必ず、その瞬間身体のどこかにざらつきが生まれている。それは無視するほどにそよ風に近いレベルの弱さになる。ほんの一瞬心によぎる、ちょっとした違和感。

その違和感を意識レベルに上げてしまうと
面倒なことになる
人に迷惑をかける
考えなければいけないことが増える
だからそのそよ風を、また無視してしまう。

その違和感を見逃さない自分に戻ったら、我が家の4歳次男のように真っ直ぐで愛おしい、気持ちいいエネルギーの本来の存在に戻るんだろうな。

コツコツと本当の私に戻っていこう。

 

【保存版・永久更新】オーガズムについて私が知識として得てきたことと、身体で体感してきたことを踏まえて、オーガズムについて書きます。 最初にひとつ話しておきたいのは、オー...

 

【保存版】タントリックヒーリングについて私が提供しているタントリックヒーリングについてご紹介します。 タントリックヒーリングは、人間の身体と身体の間で性エネルギーを交流させる...