結婚式準備

ウェディングプランナーの仕事・いる意味は?いちばん重要な仕事は?

ウェディングプランナーという仕事を知らない、という人は少ないと思いますが、ウェディングプランナーは何をする仕事なのか、と言われるとその実態はわかりづらいもの。

ウェディングプランナーであった私自身も、「これもプランナーが!?」みたいな仕事がたくさんありましたし、思い描いていた仕事ばかりではなかったなと思った覚えがあります。たくさんのお式を担当させていただいて、「プランナーがいる意味」については何度も何度も深く考えさせられました。

本記事で分かること
  • ウェディングプランナーの仕事内容は?
  • ウェディングプランナーがいる意味は?
  • ウェディングプランナーの一番大事な仕事は?

これから結婚するカップルには、最高の結婚式を挙げるためにぜひ参考にしていただきたいです。また、これからウェディングプランナーとして働きたいという人の参考にもなると思います。

ウェディングプランナーの仕事は?

ウェディングプランナーの仕事は大きく分けて3種類あると思っています。

  1. 手配・調整係
  2. 提案係
  3. 伝達係

以上の3つです。

①手配・調整係

ウェディングプランナーの仕事で、「手配すること」はとても大事です。

実際、ウェディングプランナー自身が特別なスキルが要る仕事をすることはありません。しかし、手配すること・調整することは、高いコミュニケーション能力や調整力が求められるので、ある意味では難しい仕事かなとも思います。

ウェディングプランナーは、シェフ、パティシエ、サービス、ビデオ業者、写真業者、スタイリスト、ヘアメイク、印刷業者、お花屋さん、引き出物業者と多くの業者さんやスタッフさんとコミュニケーションを取ります。実際、外の業者さんは商品を発注して納品してもらうだけなのでそんなに難しいことではありません。

難しいのは内側のスタッフさん。

  • 新郎新婦のためのこだわりの特別メニューを依頼したり、
  • 思い出に残るオリジナルのケーキデザインを依頼したり、
  • 前撮りを抑えるのに、なんとかドレスとカメラマンを調整してもらったり、、、

というように、「なんとか無理してお願いする」みたいなのが難しい手配です。

普段からコミュニケーションが取れてると、こういうお願いも「仕方ないな!」ということでやってもらったりできます。

②提案係

ウェディングプランナーの「提案」の仕事は、これまたとても重要です。結婚式という一日を総合的にプロデュースするのがプランナーの仕事なので、どういう披露宴の流れにするかという細やかな部分を提案するのも大事ですし、全体的にどういう結婚式にしたいか、というテーマみたいなものを提案するのも大事です。

中には、いつも同じ結婚式の流れをプランニングするプランナーさんもいます。それはそれで、そのプランナーさんが一番素敵!と思っている結婚式の形で、それに新郎新婦さんが共感しているということなので、素晴らしいと思います。

反対に、新郎新婦のイメージに合わせて、毎回テーマ性を変えてオリジナルウェディングを提案するプランナーもいましたが、コレもコレで素晴らしい提案力だと思います。

しかし実際のところ、新郎新婦さんは何が一番素晴らしい形なのかがわからないことがほとんどです。二人に合わせて一番いい形の中からいくつかの選択肢を提示できて、最高に気に入って選んでもらえるというのが、素晴らしい提案力のあるプランナーだと思います。

③伝達係

ウェディングプランナーの仕事の中で、「伝達係」という仕事は、中でも超重要だと思います。この伝達係の仕事は「手配・調整」と似ているようで、少しニュアンスが違います。この伝達係としての仕事は、まさにウェディングプランナーがいる意味だと思っています。

 

ウェディングプランナーがいる意味

ウェディングプランナーがいる意味は、その結婚式の持つニュアンスを結婚式に携わるスタッフに共有することにあると思っています。

伝達が最重要

伝達することは最重要ミッションなんです。新郎新婦さんからの要望をしっかりと受け止めて言葉にして、それを携わるスタッフにしっかりと伝達することが大事です。

どういう新郎新婦で、どういう背景を持っていて、どういう結婚式にしたいかということがしっかり伝えられるということと、それを言葉で話して共有できる、相手と普段からコミュニケーションが取れているということが重要です。そのため人とのコミュニケーションが苦手だったりすると、やはりウェディングプランナーの仕事は大変かもしれません。

安心できる存在

結婚式当日、挙式の直前などに
「ゆうころさんの顔見て安心しました〜〜」と言って何度か泣かれたことがあります。

それくらい、結婚式の直前って人によってはナーバスになるものなんですね。そういうときに安心できる存在になれたらいいと思います。しかし実際、ウェディングプランナーへの新郎新婦さんの信頼度とか頼り度は本当にそれぞれです。わたしは自分の結婚式のときのプランナーさんのことは印象薄いですし・・

その新郎新婦さんがプランナーに求めているものを空気や言葉からキャッチして、適切に行動できるのがいい形だと思います。

ウェディングプランナーの一番大事な仕事は営業

少し冷たい印象になってしまいますが、ウェディングプランナーの仕事の中で、一番大事な仕事はやはり「営業」です。それがなければ、結婚式をプランニングすることもできないですし、会場として、会社として成り立ちません。

多くの結婚式場は、営業専門のプランナーさんがいて結婚式を成約いただくと、当日専門のプランナーさんがついて準備を進めていくというようなスタイルになっています。

会場探しは多くの意見を聞こう

当然ながら、その会場の営業専門のプランナーさんは、自分の会場に契約していただくために、自分の会場がいかに素敵かを営業してきます。新郎新婦さんも子どもじゃないですが、営業かけられてるなって分かっても、ついついその場で契約してしまったりします。

でも後から、「あれ聞くの忘れた」「持ち込みできるかな」とかさまざまな確認事項に気がついて、即決したことを後悔したりもします。何事もそうですが、一人の人の意見だけではなく、多くの意見を聞くことをお勧めします。特に結婚式は300万円、400万円という高額なお買い物ですから。

いくつかの会場を見て、何人かのプランナーのお話を聞くのもいいでしょう。しかし結婚式場相談所で、いくつかの会場を知っている立場の人から話を聞くのが最も客観的で手間がかからない最適な方法です。フェア特典が充実しているので、直接結婚式場で申し込むよりもお得です。

ブライダルフェアの予約はHanayume(ハナユメ)

会場によっては、空いているのに空いていないと言って、焦らせて即決させるという、あまりよくない手段をとって営業しているところもあります。そういう営業をかけらたくないという人には、事前にweb上で会場の仮押さえまでができるサービスがおすすめです。これは業界的には超画期的で、焦って契約せずにしっかりと結婚式場を吟味したいという新郎新婦さんに寄り添った非常に良心的なサービスです。今後提携会場は爆発的に増えていくと期待できます。

結婚式場”決められる”サイト HIMARI(ヒマリ)

 

まとめ・ウェディングプランナーは新郎新婦の結婚式を叶えるためにいる!

ウェディングプランナーの仕事や、彼らがいる意味について解説しました。簡単にまとめます!

ウェディングプランナーの仕事・いる意味は?まとめ!
  • ウェディングプランナーの仕事は、手配・調整、提案、伝達。
  • 中でも伝達スキルがあることは最重要。
  • でも、ウェディングプランナーのいちばん大事な仕事は営業。
  • 結婚式場選びは、多くのいろいろな立場の人の意見を聞くべき。

ウェディングプランナーは手配するだけ、ご用を聞くだけでは意味がありません。言葉の裏にある思いを受け取ったり、それを伝達できたり、それをしっかりスタッフたちの間に立ち調整できることが重要です。

今のプランナーさんに不満がある場合には、どんどん意見を言ったり、場合によっては変更してもらうべきです。そのほうが、プランナーさんにとっても勉強になりますから。素敵な結婚式にしてくださいね!

 

ABOUT ME
ゆうころ
ゆうころ
けっこんらぼの運営をしている、ゆうころです。 30代既婚で、二人のかわいい息子がいます。 元ウェディングプランナーとしての経験とわたし自身が結婚生活で学んだことから、結婚式にまつわるおすすめや裏話、これから結婚式を迎える人に知っておいてほしいことなどを発信しています。 詳しいプロフィール・サイトのコンセプトはプロフィールへ**