結婚式をしよう!結婚式をおすすめする理由と最近の結婚式ブーム

結婚
bride holding flower bouquet

 

結婚式をしないカップルが増えています。

「ナシ婚」という、結婚式をしない人たちのことを表す言葉まで登場しているほど!

なぜ、結婚式をしない人が増えているのでしょうか?

反対に、結婚式を挙げることにはどういう意味があるのでしょうか?

 

筆者は実は、元ウエディングプランナーです。

約10年前くらいから、2年前くらいまで、8年くらい結婚式に携わり、約500組ほどのカップルを担当しました。

いい思い出からそうではない思い出までさまざまですが・・・元プランナーの視点からも解説できればと思います。

 

結婚が決まって、結婚式について悩んでいる女性の方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

結婚式をしないカップル「ナシ婚」が増えている

 結婚式が減っている理由①お金を使いたくない

pink pig figurine on white surface

結婚式が減っている理由、「ナシ婚」が増えている理由の1つ目は、無駄にお金を使いたくないというカップルが増えているためです。

結婚式って、本当にお金がかかりますよね。ここ最近の調査によると、結婚式は総額310万円ほどかかっているとか。

この310万円を二人で準備するのは難しいですが、日本の結婚式にはご祝儀という文化があります。

だいたい310万円のうちの半分から2/3くらいは、ご祝儀で賄うことができますから、二人で準備したり、親に援助してもらうお金は100万円ちょっとくらいになると考えておくといいと思います!

 

でも、現実的にこの100万円を結婚式じゃなく、新居とか旅行の費用とか、結婚に絡むそのほかのために使いたいと思っている人も多いです。

昔からの日本の結婚式文化がすたれつつあり、その代わりにインターネット上に情報が増えて、自分たちがお金を何に使うのがいいのかを自由に調べて考えられるようになったということも大きいと思います。

 

あとは、金銭面で困っているという方は、格安結婚式や、外部のレンタルドレスも、かなりいいものを低価格で借りることができます。

結婚式の予算をあらかじめ設定して、予算内の結婚式をwebで仮予約できるという、画期的なサービスも登場しています。

こちら

 

格安結婚式やレンタルドレスについては、また改めて記事にしますね!

 結婚式が減っている理由②目立つのが嫌

結婚式が減っている理由、「ナシ婚」が増えている理由の2つ目は、目立つのが嫌と感じているからだそうです。

結婚式って、挙式とか、新郎新婦入場とか、何かと新郎新婦が前に立って目立つものです、当たり前ですが。

 

昔の結婚式はゴンドラで登場したりとか、いかに目立つか!というような内容が多かったですがww

最近のカップルはあまり目立ちたくないと考えているのですねー!

確かに、昔に比べて、人と同じがいいこと、あまり目立たないことがいいこと、というような風潮がありますから、仕方がないことなのかもしれません。

 

 結婚式が減っている理由③準備が面倒

person shadow boxing grayscale

結婚式が減っている理由、「ナシ婚」が増えている理由の3つ目は、単純に結婚式の準備が面倒で嫌だからという理由です。

結婚式って本当に準備が大変です。

衣装選び、招待状の発送、席決め、料理決め・・・などなど、次から次へと準備することがあります。

こだわりがないという方ならいいですが、とことん選びたい!という人は本当に大変だと思います。

 

しかも、結婚式の準備によって、喧嘩をすることが増えます。

だいたいの場合はそれで絆も深まるものですが、結婚式の準備によって相手に受け入れられない一面が見えて、別れに至るというケースも。

まぁ、結婚式を挙げる前にわかったよかった、ということもあると思いますがね。

 

 結婚式が減っている理由④宗教ぽくて嫌

white Virgin Mary statue with gold crown

結婚式が減っている理由、「ナシ婚」が増えている理由の4つ目は、挙式が宗教っぽくて嫌という理由です。

実はこれは結構少数派のようで、理由に挙げている人が多いのも事実なんです。

 

結婚式の挙式って、チャペルだと牧師先生に誓わされて、みんなの前でキスをしなくては行けなくて・・・と苦手な人も多いと思います。

そもそも、クリスチャンでもないのに・・と感じている、特に男性は多いかと思います。

確かに、この理由もわからなくはないですよね。

 

結婚式をする意味

結婚式が減っている理由、たくさんありそうです。

でも元ウエディングプランナーの私はそれでも結婚式をおすすめします!

それは、以下のような理由から。

 

 自分たちのけじめのために

結婚式をする意味、結婚式をおすすめする理由には、自分たちのけじめになるから、ということがあると思います。

結婚式を迎えるまでは何を考えているかよくわからない、というような新郎さんでも、結婚式当日を迎えて、披露宴でしっかりと挨拶をされて、これまでとは全く異なる表情をされていたという新郎さんはたくさんいました。

 

結婚式って通過点ですが、ある意味では終着点でもあると思います。

これまでの人生の一旦の区切りです。

これまでお世話になった両親や親戚、会社の人に感謝をするという意味でも、結婚式って結構いいタイミングなんですよね。

 

 親や親戚のために

結婚式をする意味、結婚式をおすすめする理由には、親や親戚のためにという理由もあります。

一つ前で書いた、お世話になった人に感謝をするという意味もありますが、ある意味結婚式を挙げるということは親孝行でもあります。

子供が結婚するということは、親にとっても子育て卒業、ということでもあるのです。

 

親だけじゃなくても、小さい頃から可愛がってもらった叔父叔母、祖父母にもしっかり感謝したいですね。

 

 簡単に離婚しないために

broken heart hanging on wire

結婚式をする意味、結婚式をおすすめする理由には、簡単に離婚しないために、という理由もあるんです。

結婚式ってご祝儀をたくさんいただきます。

友人や同僚でも3万円、会社上司は5万円、親族は夫婦で10万円などが相場です。

これだけのお金をたくさんもらって、一年後にすぐ離婚・・なかなかハードルが高くなりますよね・・

 

でも私は離婚反対派というわけではないんです。

ただ、離婚するなら単純な理由ではなくい、お互いにしっかり向き合ってからがいいと思ってます。

結婚式を挙げないと、意外と結婚したことが周りに知られてなかったりもして、別れるにもハードルが低くなるものです。

でも、縁があってするのが結婚ですから、離婚したくなっても少しお互いに向き合って、自分自身が成長したと思えるような離婚にされたらいいなと思うんです。

人間的に成長できますし、もしかしたら向き合うことで問題をクリアできて、より深く絆が生まれるということもあるかもしれません。

 

結婚式をする理由はなくてもいい・・単に楽しいから!

結婚式を挙げる理由は必ずしも必要ではありません。

実は、結婚式を挙げないナシ婚は増えていますが、それでも止むを得ず結婚式を挙げた人の8割が「挙げてよかった」と回答しています。

 

大好きな人ばかりを呼んで、祝ってもらって、思い出の1日を作る。

こんな日、一生に一度結婚式くらいでしか経験できません。

私自身もそうでしたが、結婚式は楽しすぎて、本当にあっという間に時間がすぎてしまいました。

 

プランナーをしていたときも、乗り気じゃなかった新郎さんが、当日を迎えて終わった後に「やってよかった」と話しているのはよく耳にしました。

だまされたと思って、ぜひ結婚式を挙げてみてほしいです。

 

最近の結婚式のブーム

 少人数婚

結婚式の一つに少人数婚というものがあります。

結婚式って80人とか100人とか、たくさんの人を呼ぶイメージがありますが、実は招待人数が少ない結婚式も人気があります。

本当に少ないと親と兄弟だけで、新郎新婦合わせて10名とか、親戚や親しい友人も呼んで30人くらいまでというような結婚式もあります。

 

目立つのが好きじゃないとか、結婚式は挙げておきたいけど予算が・・という方には、これくらいの小規模な結婚式もおすすめです!

人数が少ないと、その分準備も楽ですからね。

 

 ダブルハッピー婚

woman holding stomach

ダブルハッピー婚ってなんのことかわかります?

そう、できちゃった婚のことです!

妊娠と結婚で、ダブルでおめでとう!ってことですね。

できちゃった婚だとあまり聞こえはよくないですが、ダブルハッピー婚だと、聞こえもいい♡

 

こんな言葉ができるくらい、赤ちゃんができての結婚って当たり前のことになりました。

若い方に多いイメージですが、むしろそうではない層の人の方が多いくらいです。

 

妊婦さんは、妊娠初期は避け、お腹が本格的に出てくる7ヶ月よりも前までに挙げるのをおすすめしますが、今までには妊娠8ヶ月の花嫁さんもいらっしゃいました。

ドレスにもよるので、早めの衣装選びもおすすめします。

 

>>安くて可愛いウェディングドレス通販【BUYDRESS】

 

 おもてなし婚

オリンピックで「お・も・て・な・し」をした滝川クリステルさんは、今や時の人ですが、日本の昔型のあり方に「おもてなしの精神」ってありますよね。

こういった、参列してくださった人たちにおもてなしをしたいという新郎新婦はかなり前から増えてきています。

そのため、会場や衣装にお金をかけるよりも、ゲストのお料理や飲み物、引き出物にお金をかけるという人が増えているのです。

 

予算があるのであれば、おもてなし婚に越したことはありませんが、まずは新郎新婦の二人自身が楽しむ!というスタンスも大切だと思います。

 

結婚式は楽しいよ!

groom beside bride holding bouquet flowers

結婚式が減っている理由や、おすすめの結婚式についてご紹介しました!いかがでしたか?

結婚式はとにかく楽しいです。

あっという間に時間がすぎてしまいます。

あまり結婚式に興味がないという方も、少しでも気持ちがあるのならやってみてほしいと思います。

あとは、結婚式をしなかった、というご夫婦も結婚10年の節目などに、こじんまりと挙げてみてもいいと思いますよ。