どんな結婚が理想?私の結婚は普通?仲良し夫婦になるための考え方

理想の夫婦 夫婦
夫婦関係がうまくいかない

夫婦関係や結婚に悩んでいる女性の多くは、このことに振り回されているように感じます。

 

普通の夫婦になりたいだけなのに

普通の結婚がしたかっただけなのに

 

旦那さんやパートナーとうまくいっていないと感じているのは、もちろん喧嘩が多いとかコミュニケーションが少ないとか、スキンシップがないとかさまざまな理由があると思います。

本当なら楽しく会話して食事を楽しんだり、たまには子どもなしで夫婦だけの時間を楽しみたいと感じている妻は少なくないでしょう。

(反対に、旦那とは極力一緒にいたくないと考えている妻も少なくないとは思いますが・・><ここでは触れません)

 

では、そのように夫婦関係に不満を感じている妻のみなさんに質問です!

どんな夫婦が世間の普通か、どんな夫婦が世間での理想かを細かく具体的に考えたことはありますか?

漠然と「こういうのがいい」となんとなく感じているだけで、具体的な細かいことまでは考えたことはないのではないでしょうか。

 

この記事でご紹介すること。

 

  • どんな結婚が普通や理想なのか?
  • その普通や理想はどこから来ているのか?
  • 本当の意味で普通で理想の夫婦になるには?

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

どんな結婚が普通?

結婚して夫婦になる

記念日を祝うのが普通

例えば、結婚記念日やお互いの誕生日を祝うのが普通の結婚だと考えている人もいるでしょう。

結婚記念日に夫は必ず妻に花を贈り、妻は夫の好物を作って待つ、みたいな夫婦。確かに仲がよさそうですね。

 

うちの夫も、結婚記念日と誕生日は必ず花束を用意してくれます。

それが盆栽だったこともありますが、2か月くらいで枯らしてしまったので、それ以来は花束です。

でも、私はこれは普通のことではないと思っていました。

 

なぜなら、私の両親には結婚記念日を祝うとか誕生日と祝うとかそういう習慣はなかったからです。

父も忘れてるのか照れているのかいつも何も言わなかったし、母もそれに文句を言うことはありませんでした。

 

だから、夫が欠かさずに祝ってくれているのを見て、こんな律儀な人もいるんだな-と感じたものです。

 

家事は分担するのが普通

例えば、家事は分担するのが普通と考えている人もいるでしょう。

特に、夫婦共働きであれば、家事を奥さんが全てやるのはありえない!と考える家庭が多いと思います。

 

でも若い夫婦でも、夫が何もしないという家もいまだに多いと思います。

そうかと思えば、奥さんは働いてなくても旦那さんが積極的に家事をしたり料理をしてくれるというような家庭もあります。

 

私の場合は、基本的に夫は何もしません。

夫が何もしてくれないことに不満を持ったことはありましたが、それに不満を感じて気分が悪くなるのが嫌なので、今はやりたくないことはやらず、夫にちゃんと伝えてお願いするようにしてます。

 

ちなみに普通はそのほかにも・・・・・

  • 子どもがいるのが普通
  • 妻も働くのが普通
  • 家を買うのが普通
  • 旦那は働くのが普通
  • 喧嘩をするのが普通
  • 喧嘩をしないのが普通
  • 浮気しないのが普通
  • 夫婦生活があるのが普通

ほんと数えたらきりがないくらいいろいろありますよね。

 

人の数だけ普通はある・問題は自分がどう感じるか

このように、夫婦の数ほど、たくさんの「普通」がありますよね。

つまり、「普通の夫婦になる」ことや「理想の夫婦になる」ということが悩みや問題になるのではありません。

自分が直面している夫婦関係や結婚生活が自分の心や琴線に「引っかかっているかどうか」が問題なのです。

 

そこをしっかり理解できていないと、自分の夫婦関係が他より劣っていると感じたり、夫婦仲が悪いように感じたりという、勘違いが生まれてくることになってしまいます。

 

その普通ってどこから来てるか知っていますか?

普通はどこからくるのか

その普通はあなただけが感じる普通

ここまでお話したらお分かりだと思いますが、「世間の理想の夫婦」「世間の理想の結婚」とは単なる幻想です。

それは、「あなたが」感じている世間の理想であって、つまり、あなた自身の理想や普通、好みに過ぎないということです。

 

そういう話をすると、「週に何回スキンシップしますか?」とか、「年に何回家族旅行しますか?」とか、

そういったありそうなアンケートの結果を持ち出す方が出てきそうですが・・^^;

アンケートの結果には、普通が書いてありそうに感じます。

でも、それはただの平均です。

関西に8割、関東に2割とか、80代に7割で30代には3割みたいな話かもしれませんよね。

 

しかも人柄も知らない、どのような夫婦かも知らない人たちの平均を見たって、あまり参考にはなりません。

 

だから、世間の普通を知ろうとしたり、それと比較しようとしたりすることにはほとんど意味はありません。

そのような平均や普通を見るよりも、あなた自身の夫婦関係を見つめることが重要なわけです。

 

妻の普通と夫の普通は異なる

ちなみに、妻が思っている普通と夫が思っている普通も異なります。

たまたま縁があって一緒に生活することになった二人ですが、幼稚園から幼馴染みとか、子どものころからほぼ一緒に育ってきたというような関係でない限り、ほとんど共通点のない家庭で育った赤の他人です。

 

その他人同士が、お互いの「普通」を掲げて話し合っても、そう簡単に問題は解決しません。

実は、結婚生活最初にお互いの普通がずれていることを感じたまま、何年経っても引きずってしまっているパターンが意外と多くあります。

 

どちらかの主張が強くて相手が我慢をしてしまうという展開や、お互いに見てみぬふりをするという展開の場合には、のちに響いたりすることもあります。

だから、喧嘩になってでもそのすり合わせをすることは必要なことかもしれません。

(喧嘩の仕方にもそれぞれの普通がありますけどね)

 

さらに妻の普通と隣の家の妻の普通も異なる

さらには妻の考えている普通と、となりの家の妻が考えている普通も違います。

隣の仲のいい夫婦がうらやましくて、「それに比べてうちは・・・」というように悩んでいる方もいるかもしれません。

でももしかしたら、自分の家も隣の家も実情は同じで、それに対して不満を感じるか感じないかの違いだけだったということもあり得るわけです。

 

ちなみにうちの実情で解説すると、お互いに夫婦以外のパートナーがほしいと思ったときには、OKということになってます。

それを決めてから浮気はまだしてませんし(私は)、夫も多分していないと思いますが、これから素敵な人が現れたらすることになるかもしれません。

でも、お互いのことは尊重しているし話もたくさんするし、仲もいい方だと思います。

 

同じ「浮気をする」という状況でも、かなり苦しんでいるご夫婦もいるかもしれないですよね。

そんな奥さんにとっては、一見仲のいい私たち夫婦はうらやましく思えるかもしれません。

でも実際には、うらやましく見える夫婦も、お互いにそれぞれ別のパートナーがいて楽しくデートしてるってことかもしれないのです。

 

私たちが知っている夫婦はごくわずか

夫婦関係の詳細までわかるのは親くらい

私たちが知っている夫婦というのは、ごくわずかです。

一番よく知る夫婦は親ですよね。

仲のいい両親だったのなら、両親のような夫婦になりたいと思うでしょう。

反対に仲が悪い夫婦であれば、反面教師にすることになるかもしれません。

一方で、両親のような理想の夫婦のハードルが高すぎて、無意識に理想的ではない夫を選んでいるというひねくれパターンもあるでしょう。

 

子どもの頃から見てきた親の夫婦関係が、自分自身が築き上げたいと感じる夫婦像に影響することは多くあります。

 

次に知るのは義理の親

次に知ることになるのは義理の両親の夫婦パターンです。

これはなかなかはじめは見えてきません。

でも、結婚して5年くらいたってくると、仲がいいと思っていた義理両親が実は大きな問題を抱えていた、というようなこともあったりします。

ほかにも、全く一緒に行動しないし会話もないのに、実はお互いにちゃんと想い合っていることが、数年たって見えてきた、ということもあると思います。

 

あとはほとんど知らない

自分の両親と義理両親以外で、あとはどんな夫婦の姿を知っていますか?

意外と、それ以外で自分がよく知る夫婦像ってないんです。

友人夫婦の話のごく一部を聞いたり、見たりするだけです。

あとは、テレビなどで流れてくる本当かどうかわからない「理想の夫婦」に影響を受けてしまい、それが普通と思い込んでしまうということもあるのかもしれません。

(意外とこれは多いかも)

 

普通の結婚は考えても意味がない・自分の結婚が自分の普通

理想の夫婦

普通の結婚だと思っていたのは単に自分の中のイメージだった

つまり、普通の結婚だと思っているのは単純に自分の中のイメージに過ぎないということです。

つまり、「普通の結婚がしたいだけなのに」「普通の夫婦になりたいだけなのに」という不満を抱えている人は、単純に自分の「理想」や「べき」を相手に押し付けていて、それが叶わないことに文句を言っているだけということです。

 

そのことが理解できれば、向き合うべきは世間の普通でも相手でもなく自分自身だということが分かってくるでしょう。

 

なぜ自分にとってこの「理想」や「普通」がいいのか。

なぜその条件が理想だと感じるのか。

このように自分の気持ちを掘り下げていくことができれば、同じように相手にも「理想」や「希望」があることの意味が理解できるようになります。

 

そうすれば、お互いに違う形の愛情であったとしても、お互いに理解し、その愛情を受け取り合うことができるようになっていきます。

 

希望を伝えるのはマスト!

それでも、自分の希望する形の愛情がいい、自分が希望するイメージの夫婦になりたいという理想を捨てられないということもあるでしょう。

希望を伝えることは大切なことです

相手が我慢して自分に希望を伝えてくれないというのは、逆に考えても悲しいことですよね。

 

でも、してほしいことを伝えるときに、相手にも選ぶ権利があるということを前提に置いておくことは必要です。

相手に食器洗いやお風呂掃除を頼むという権利はあなたにもありますが、夫には受け入れる選択肢もあれば断る選択肢もあるわけです。

 

あくまでも夫婦は他人です。

自分の思い通りにならないからと喧嘩になるのは幼稚なコミュニケーションですよね。

 

もし相手に断られた場合は、別の方法を考えましょう。

次からは、洗わなくてもいい紙皿を使うというのも一つの方法ですし、食洗機を購入するのもまた別の方法です。

 

自分も相手も気分が悪くならないような選択肢を考えることに時間を使いましょう。

そして、相手の気分や自分の気分を損ねるようなコミュニケーションに時間を割くことは減らしていきましょうね。

 

話し合い方は大切

あとは、話し合い方も大切です。

「あれやってよ」「なんでいつもこうしてくれないの」というような言い方は、押し付けになりますし、自分の本音が伝わりません。

相手にやってほしいこと考えてほしいことは、自分の本音を伝えれば喧嘩することなく話し合うことができます。

その本音の伝え方についてはまた別記事で!

 

まとめ

夫婦の普通について、本当は普通の夫婦は何なのかについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

いつだって普通の夫婦とは、自分の普通であり、自分の普通とは自分の好みや理想なのです。

 

それを叶えられる方法を考えればいいだけなのに、それがもたらされないことに文句ばかり言っているというのが、世間の妻の発する不満のほとんどです。

 

文句が出てきたら、まずは自分の心が拗ねていないか、ひねくれているところがないか、ちゃんと見てあげてくださいね。

 

そうするとだいたいのことが自分で解決できるようになり、仲がいい「自分の」理想の夫婦に近づくことができるようになりますよ!