夫婦円満のコツ

引き寄せの法則はある!「ほしい現実をイメージする」で叶える!

ゆうころです。「引き寄せの法則」聞いたことありますか?

書店のスピリチュアルコーナーや自己啓発系のコーナーに並んでたり、ネット上でもたくさん情報が上がっていたりします。そもそも全く興味がない人は目にしないですし、スピリチュアルコーナーに並んでいることで本当は興味があっても避けて通るという人もいると思います。

私も以前はスピリチュアルなことが好きだということを隠していました。もともと占いやスピリチュアル系の話は好きだったのですが、スピリチュアルが好きで興味があるということと、それを現実的に活かして生きているというのはだいぶ違いがあると思っていました。「スピリチュアルが好き」と言うと、心が病んでいると思われそうと思い込んでいたのもありましたね。

20代後半から30代前半でいろいろな人生の転機があって(仕事でのストレスとか、結婚生活うまくいかないとか)、占いやスピリチュアルに救いを求めた時期がありました。結果、引き寄せの法則にも出会い本当に存在するということをこのたび実感し始めました!

 

本記事で分かること

  • 引き寄せの法則の分かりやすい解釈は?
  • 引き寄せの法則の分かりやすい事例は?
  • ゆうころに本当に起こった引き寄せの法則は?

この記事では、引き寄せの法則について分かりやすく、そして私が実際にこれまで何をどうやって引き寄せてきたかということを書きたいと思います。参考にしてみてくださいね!

引き寄せの法則とは|かつてイメージしたことが今の現実

引き寄せの法則とは、どういうものなのでしょうか?ここでは、引き寄せの法則をできるだけ分かりやすく紹介していきます。

まず大原則として、あなたの「今」はかつて自分自身でイメージしたことでできているということです。どの一つのシーンも、あなたがイメージしなかったものではありません。今起きている好ましい現実も好ましくない現実も、全部あなた自身が作り出しているということを大前提に置いてみましょう。

モヤモヤとした気持ちになるかもしれませんが、同時にこれから先の自分は今以降の自分のイメージで成り立っていくと考えると前向きな気持ちになりますよね!

「引き寄せの法則」=「当たり前の法則」

引き寄せの法則という言葉を使われると、嬉しいことや楽しいことが向こうからこちらに向かってやってくるというようなイメージになりますよね?それでも間違ってはいないのですが、もっとわかりやすく言うと当たり前の法則だと私は思っています。それが自分自身にとって当たり前のことだから現実に起こっている、というような感覚です。

つまり願いとか望みを自分の頭の中で「当たり前のこと」と置き換えていくようなイメージができると、次々にその現実が起こっていくことになります。

行動が現実をつくるのではなく思考・意識が現実をつくる

「努力をすれば報われる」「若いときの苦労は買ってでもしろ!」的な言葉がありますね。こうした根性論・努力論は私も子どもの頃に親からも聞かされましたし、学校の先生もそういうことを言う人が多かったと思います。

確かに

  • 大きくて素敵な家に住みたい
  • 毎年リッチに海外旅行に行きたい

このような望みを持ち、一生懸命勉強して有名企業に就職し難しい資格をとったりして、たくさん仕事をしてお金をいっぱい稼ぐという方法もあります。

一方引き寄せの法則を使うことで、努力するよりもはるかに短い時間でその現実を迎えることができます。引き寄せの法則について書かれている本には、引き寄せるために瞑想する17秒の時間は行動2000時間分に当たるとも書かれているのです。

願うのではなくイメージするという感じ

思考することで、2000時間行動したのと同じくらいの効果を持って好ましい現実が訪れるのが引き寄せの法則です。実際には頭の中で願い事をするというよりも、そうなったときの自分をまるで今起きているかのようにイメージするという感じです。

そのため、方法としておすすめなのが「瞑想」です。特に一日の始まりである朝がいいと言われますが、毎朝時間を決めて、10分でも5分でもいいので集中して望む自分をイメージしてみるといいと思います!

ポイントはいい気分でイメージすること

イメージするときのポイントとして大切なのは、いい気分でイメージすることです。これが結構難しいのです。

多くの人が自分自身の願いを分かっているようで実はよく分かっていません。多くの人が願いを考えるときに、今自分自身に欠けているものを補うことが自分の願いだと解釈しています。それ自体は間違いではないですし、自分にないものから自分の望みが生まれるのは自然なことなのですが、自分に欠けているものについてのイメージをいい気分で行うのが難しいということも事実です。

例えば、
「お金がなくて行きたい旅行に行けない」という悩みを持つ人がたくさんお金がほしい!という願いを持っているとします。

そうすると、頭の中でイメージしてほしいのは、行きたい国に行って優雅に遊んでいる自分自身なのですが、多くの場合そのときに真逆の自分もしっかりイメージしてしまっています。つまりイメージの中で本当にその国で遊んでいるようなワクワク・ウキウキ・幸せ!な気持ちだけを感じられたらOKなのですが、どうしても現実のお金がない自分、遊べなくて惨めな自分が頭から離れなかったり、「どうせお金をたくさん得られるわけがない」とどこかで諦めてしまっていたりして、うまくイメージすることができないのです。

いい気分でイメージすることは、瞑想に慣れてくるとだんだんとできるようになります。また、自分にとってハードルが低めの「この願いなら叶えられそう」というような願いを最初の段階でイメージしてみて慣れてくると、いい気分になるということが徐々に簡単になってくると思います。

引き寄せの法則・わかりやすい例

どうやって引き寄せるか、どうイメージするかだけではわかりづらいという方のために、わかりやすい例を紹介したいと思います。どの例も日常によくあるシーンですから、わかりやすくイメージできると思います。

言霊になるから言ってはいけない!

「言霊になるから言ってはいけない!」聞いたことがある言葉ではないでしょうか。

根がネガティブな人ほど気づくとネガティブな言葉が口から出ていたりするものです。

  • 会社の上司に怒られそう・・
  • 今日の営業も取れなそう・・
  • 今日も〇〇くんと話せなそう・・

などなど自分に起きてもいないことなのになぜかネガティブに捉えて、嫌な気持ちになることはありませんか。このようなネガティブな言葉を発したりイメージしたりすると、だいたいその通りになってしまいます。

なぜかというと、ネガティブにイメージしていることが、自分の中の信念のようにしっかりと定着してしまっているからです。ネガティブなことが浮かんできたら、「あ、今ネガティブなこと考えてた」というように、まず気づきくことが大切です。考えてしまうのを止めるのはなかなか難しいですし、考えたくないのに考えてしまうことでまた自分を責めるのはもっと逆効果です。瞑想を続けていると、徐々に自分からネガティブが抜けていきますから大丈夫です。

根拠のない自信

言霊とは逆ですが、根拠のない自信を持っている人、いますよね。

全体的に根拠がないのにとにかく自信に溢れている人もいれば、特定のジャンルについては根拠なく成功する自信がある人もいます。とにかく、この根拠のない自信は最強です。

努力や忍耐が素晴らしいことであり、そうしないと幸せになれないというのが残念ながら現実的な常識です。そのため努力や忍耐が根底にないと成功できないと多くの人は思っています。

一方、根拠のない自信は努力や忍耐という前提が全くないのに、なぜかうまくいくと感じているということです。つまり、根拠のない自信を持つ人こそ成功しているという事実は、引き寄せの法則が働いていることを証明しているということなんです!

嫌な予感・第六感

これまた根拠のない自信とは逆です。嫌な予感は当たりやすいですよね。第六感が働くというのもそれと似ています。言霊とも同じです。

嫌な予感がしたり、第六感が働いたりすると、頭の中がそれでいっぱいになってしまいます。何を考えても嫌な予感が頭の中をよぎってしまいます。これでは引き寄せの法則で「この嫌な予感を叶えてください!」と言ってしまってるようなもの。

しかし、このような嫌な予感やネガティブなイメージは、いいイメージ・心地よいイメージに比べると何倍も引き寄せるパワーは低いです。反対に考えるとそれだけポジティブなイメージは引き寄せる力が強いということなのです。嫌なイメージをしてしまっても切り替えれば大丈夫です。

叶姉妹のお姉さんの恭子さん

先日、叶姉妹がテレビに出演していました。叶姉妹はどうしてあんなにゴージャスなのか、どうしてあんなにお金持ちなのか気になりますよね。それをテレビで話されていたのです。

叶姉妹は、投資で成功してゴージャスに暮らしているそうです。投資ではほとんど失敗したことがなく、しっかりと先を見据えながらビジネスをされているそうです。

叶姉妹のお姉さんである恭子さんの投資ビジネスの最初の資金は、自分自身に貢いでくれる男性から受け取ったものだそう。いつも高価なプレゼントをくれる男性だったそうなのですが、プレゼントのセンスが良くなかったことからプレゼントをお断りしたところ、次からは毎回何百万という現金をくれるそうになったのだそうです。

その後、使っても使っても使いきれないほどの現金をもらって、それを元手にビジネスをするようになったそうなのですが、このお金を使っても使っても次々と入ってくるという経験が今の自分自身にとって大切だったと話されていました。

普通の人は、何百万というお金をもらう機会はそうそうありません。恭子さんのように男性に貢がれる経験なんてしたことがない人が多いはずです。そういう経験をしたことがある恭子さんにとっては、すでにその男性は今はいなくてもお金がいつまでもたくさん入ってくるということは当たり前のことになっているのです。

愛情も同じで、当たり前に親に愛されて育った人は、自分自身が愛される存在だということが大人になってからも当たり前なのです。

引き寄せの法則は、望ましい現実をイメージすることで、経験していないことを経験したかのように自分自身にインプットするということなのです。

 

わたしが引き寄せの法則で引き寄せたもの!

私自身も長い間、引き寄せの法則ジプシーでした。本を読んだりネットを見たりして、引き寄せて生きられたらどんなにいいかと思っていましたがうまくいきませんでした。しかしあるときから上手に引き寄せられるようになりました。これまでに私が引き寄せたものを紹介します!

私が引き寄せたもの①結婚

引き寄せの法則を知る前のことでしたが、今考えると私は引き寄せて結婚しました。

結婚当時20代半ばでしたが、華の20代前半私は仕事ばかりで全く恋愛をしていませんでした。しないというか、できませんでした。

仕事ばかりで恋愛の話なんて全くなかったですし、本当にモテない20代前半でしたが、なぜか自分の中で若いうちに結婚するということを確信していました。周りに話してはバカにされていましたが、これがまさしく根拠のない自信だったんですね。

その後3年ぶりに恋愛をすることになって、その彼に2週間後にプロポーズされて今に至っています。

私が引き寄せたもの②夫婦円満・第二子

結婚してすぐ第一子ができて、20代後半で出産しました。その後夫婦仲がとても悪くなってしまいます。この記事では詳しくは省きますが、喧嘩もたくさんして離婚話も何度もして、お互いこの相手では幸せにはなれないと思っていました。

しかし諦められなかった私は、夫婦仲がいいことや第二子に恵まれることをイメージし続け、そして第一子出産から約8年ぶりに、第二子を授かることができました。さまざまなことがありましたが、今は喧嘩もなくお互いに何でも話せる関係になりました。

私が引き寄せたもの③家での仕事

私は新卒で入社した会社に7年、その後転職して3年、計10年ほど企業で正社員として働いてきました。2社目は社長室兼企画の仕事で、とても手応えのある仕事でしたがパワハラ僻み社長が上司でした。

毎朝の満員電車も嫌、毎日行きたくない会社に行くのも嫌、調整役のような嫌な役回りも多かったので、家で楽に仕事ができたらどんなにいいかと思っていました。子どもが帰ってくるときにも家にいてあげたいとも思っていました。

そうして、家で仕事をしているイメージをし続け、今はこうしてブログを書いて暮らしています。このブログの他にもライターの仕事をしていますが、会社員で正社員のときほどではないにしても割と安定した収入を得ることができています。

私が引き寄せたもの④田舎暮らし

私は田舎の出身です。本当は田舎で暮らして、子どもたちをのびのびと育てたかったのですが夫の仕事の関係で東京で暮らしています。いつかは田舎で大きな家に住みたいと思ってきました。

これはまだ叶っていない夢ですが、都内に住むことに頑なだった夫が最近田舎暮らしを提案してきました。これはどうやっても叶わない夢だと思っていたのでびっくりでしたが、何年後かに叶えることができそうです。

まとめ・まずは毎日イメージすることから

引き寄せの法則や、そのわかりやすい解釈、そして個人的に引き寄せてきたものについてご紹介しました。まだまだ引き寄せの法則については書きたいことがたくさんあるので、もっとわかりやすく紹介できるようにまた記事にしたいと思います。

まだ引き寄せたことがない、私にだけは引き寄せの法則は働かない・・とネガティブになっている方も大丈夫です。近いうちに思わぬところから願いが叶う日がやってきます。まずは、通勤時でもお風呂のときでも眠りにつく前でもいいので、毎日イメージするところから始めてみましょう!

ABOUT ME
ゆうころ
ゆうころ
けっこんらぼの運営をしている、ゆうころです。 30代既婚で、二人のかわいい息子がいます。 元ウェディングプランナーとしての経験とわたし自身が結婚生活で学んだことから、結婚式にまつわるおすすめや裏話、これから結婚式を迎える人に知っておいてほしいことなどを発信しています。 詳しいプロフィール・サイトのコンセプトはプロフィールへ**